BUSINESS

測量・点検・3D解析撮影

橋梁やダムなどの大規模インフラでは、通常GPSの位置情報を使用した飛行はできません。
ケイ・パックスでは独自のシステムを使用し非GPS下での自動航行による点検・撮影を実施しています。
巨大な施設や高い場所での外壁の損傷や欠損がないかを調査します。

自動航行による測量飛行

ケイ・パックスでは、自社にて独自に開発したドローンを使用し自動航行で測量飛行を行っています。フライトコントローラーはARDUPILOT系を使用し、専用自動飛行設定ソフトMISSION PLANNER(ミッションプランナー)で飛行プランを作成しています。このソフトにより、設定したプランを正確にGPS自動航行します。災害が起きたときには、ドローンは立ち入りが危険な場所の撮影にも威力を発揮します。人命の救出や災害による被害の把握などが可能です。※気象状況・地域によっては撮影できない場合があります。

空撮画像から3D画像解析

ドローンによって撮影された空撮画像から専用ソフトで3D解析を行います。
撮影した数百〜数千の画像を読み込み、建物や地形を3次元データで復元します。これにより、建物の欠損や破損などを見つけるだけでなく、その個所の状況も把握することが可能です。

コスト削減と安全重視

大規模インフラでは通常、足場を組んだり、命綱をつけての高所作業が不可欠です。当然、作業には危険が伴っていました。また、建物が大きければ大きいほど人件費がかかり、大規模インフラの測量・点検にはたくさんの費用と時間がかかっていました。
しかし、こうした作業をドローンですることで、安全・低コストで測量・点検作業を行えるようになったのです。人々の生活を支える大規模インフラをドローンが守っています。

ケイ・パックスのドローンを使った測量・点検

  • 橋梁点検Bridge examining

  • 環境調査Environmental survey

  • 完成写真撮影Photo shoot

動画・写真空撮

ケイ・パックスはドローンを使ってクオリティの高い映像を撮影します。ドローンならではの上空から見下ろしたダイナミックな映像、
スピード感あふれる動画など、通常のカメラでは撮影できない構図で撮影することができます。

これまでの空撮では、ヘリコプターやセスナ機で撮影が行われ、コストがかかっていました。
しかし小型無人機のドローンでは撮影コストが大幅に低く抑えることができます。
また、セスナ機やヘリコプターでは不可能だった、地上の人の顔が認識できる高さからの撮影も可能となります。
このように今まで撮影できなかった構図からの撮影が可能になったことで、ドローンは映像業界に新しい風を吹き込んでくれました。

自然観測

過酷な環境下においてもドローンなら安全に広範囲な環境観測が可能です。

橋梁・ダム・分譲地など、ドローンを利用した点検や測量に関することは、
ケイ・パックスにご相談ください。